運動 
2017.06.26

オフィスで手軽にできる1分ヨガ!腰かけポーズ

給湯室やお手洗いに立ったついでに、足の筋肉と下腹部のインナーの筋肉を強化する「腰かけポーズ」です。

下腹部に力を入れることで集中力が高まるので、仕事の合間に取り入れるのにぴったり!背中と太ももの大きな筋肉が鍛えられることで基礎代謝のアップも期待できます。気づいたときに行う習慣をつけることで、徐々に筋力がついてきます。2~3セット繰り返すと効果的。

【POINT1】

骨盤が真っ直ぐな状態で立ち、重心が傾かないように意識しましょう。重心が後ろにかかってしまうと、肩が前に下がり猫背になります。重心が前にかかってしまうと、お腹が前にお尻が後ろに飛び出してしまいます。

【POINT2】

腕を上げたとき、肩が上がって首がつまってしまう状態はNG。インナーの筋肉が上手に使えないと、お腹に力が入らず肩に力が入ってしまうので注意。肩に力が入らないように、肩甲骨を引き下げるように意識しましょう。

【POINT3】

内股やがに股で、足元がハの字になってしまわないように意識しましょう。写真のように、左右の足を平行に踏んで立つことが正しい状態です。

山本奈津子
資格:管理栄養士、オーガニックコンシェルジュ、ハタヨガインストラクター、ピラティスインストラクター

食品メーカーで商品開発の経験を経て、ヨガとピラティスのインストラクター資格を取得。2015年にヨガと食をテーマにしたサービスを立ち上げ、オーガニックカフェの運営や自然の中でヨガや森林浴を行うリトリートの企画運営、料理レシピやヨガコンテンツの提供などを行っている。