運動 
2017.07.27

寝る前に布団の上で手軽にできる!お尻上げエクササイズ

一日の終わりにリラックス状態へと導く「お尻上げエクササイズ」です。仙骨を正しい位置に戻すストレッチのメリットは、まず姿勢が改善されることです。

体の中央にある仙骨は自律神経と深い関わりがあり、整えることで自律神経のバランスやホルモンのバランスを整えます。疲れが溜まっている人やイライラしがちな方は、しばらく毎晩続けてみるのをおすすめします。1回に2~3セット繰り返しましょう。

 
【POINT1】

お尻が上がりきっていなかったり、上げ過ぎたりせず、まっすぐにしましょう。特に、普段運動していない方は、骨盤や股関節周りの筋肉が固まっているため、膝を閉じたときにお尻が下がりやすいので注意しましょう。

【POINT2】

膝とつま先を同じ方向に向け、左右の足は平行にまっすぐ置きましょう。足が平行でない状態でお尻を上げると、仙骨にアプローチできません。また、膝にも負担がかかる場合があります。

【POINT3】

お尻を上げるために頑張って力を入れると、まず肩に力が入りやすいので注意。肩に力がはいると骨盤周りの筋肉をうまく動かせません。骨盤周りに意識を向けてお尻を持ち上げるように意識しましょう。

Nahoko d'Entremont(ドントレモン 菜穂子)
エアロビクス インストラクター、コアコンディショニングトレーナー、美姿勢エクササイズインストラクター、ペルビックスストレッチマスターインストラクター

10年以上エアロビクスやヒップホップインストラクターとして活動最中、怪我をきっかけに骨盤エクササイズに出会い骨盤を取り巻く様々なインナーマッスルや筋肉の大切さを学び、現在は骨盤インストラクターとして複数のスポーツジムや公共施設などで活動中。