運動 
2017.09.28

テレビを見ながら気軽にできるがっせきのポーズ

家でテレビを観ながらでも、寝る前にでも、いつでも気軽にできるのがうれしい「がっせきのポーズ」です。膝を開いて座り、前屈する動きで骨盤のゆがみを整えます。

骨盤のゆがみが整うと下半身の血流が良くなるので、冷えやむくみの緩和に期待できます。毎日繰り返し行うようにすることで股関節の柔軟性が上がり、基本的な下半身の血流改善につながります。

【POINT1】

両ひざの高さがズレたまま行うと、骨盤に負担がかかってしまいます。前屈をする前に、両ひざの位置が同じ高さになっているかしっかりと確認しましょう。

【POINT2】

前屈をする時に頑張って身体を倒そうとすると肩に力が入ってしまうので、力を抜くように注意しましょう。動作を繰り返すことで徐々に身体も柔軟になるので、胸から自然と倒れるところまでの無理のない前屈を心掛けてください。

山本奈津子
資格:管理栄養士、オーガニックコンシェルジュ、ハタヨガインストラクター、ピラティスインストラクター

食品メーカーで商品開発の経験を経て、ヨガとピラティスのインストラクター資格を取得。2015年にヨガと食をテーマにしたサービスを立ち上げ、オーガニックカフェの運営や自然の中でヨガや森林浴を行うリトリートの企画運営、料理レシピやヨガコンテンツの提供などを行っている。