基礎知識  栄養 
2017.06.29

食材を理解して必要なエネルギーを上手に摂取しよう

エネルギー源となる食材は、摂りすぎても足りなくてもよくありません。

炭水化物は、1日3食しっかり摂ってください。ちなみに炭水化物は、吸収されてエネルギーとなる糖質と、消化されない食物繊維から成る栄養素です。糖質は必要以上に摂取して、エネルギーとして消費されないと中性脂肪として蓄積され、肥満や生活習慣病の原因となります。お菓子や甘い飲み物に代表される糖類も同じで、寝る前に摂取するとエネルギーの過剰摂取となり、脂肪を増やす原因となります。たんぱく質は、不足すると体力や免疫力の低下を招きます。飽和脂肪酸は、中性脂肪やコレステロールなどの血中脂質濃度の上昇に関与する脂肪酸といわれています。摂りすぎると、動脈硬化性疾患、特に心筋梗塞の発症リスクが高まります。*不飽和脂肪酸は、心血管疾患や肝臓癌・膵臓癌・糖尿病に対しても予防効果が期待されていますので、積極的に摂ることをおすすめします。
*多目的コホート研究(JPHC Study)より

ちなみに…日常生活において少しでも気になることがある方は

簡単な検査をオススメします。
健康な方も血液検査を受けることにより、自分では気づかない体の異変が分かることがあります。
また、定期的に検査を受けると、自分の健康状態の管理や病気の早期発見、生活習慣病の予防に
役立てることができます。下記に少しでも当てはまる方は簡単にできる自宅血液検査を行ってみてください!

動脈硬化・心筋梗塞など
生活習慣病が気になるあなたに

検査お申し込みはこちら
監修

医師: 塚田 紀理
株式会社HMCエデュケーション 代表取締役社長