基礎知識  栄養 
2017.07.10

食材を理解して多品種をバランスよく摂取

一日に摂取すべき栄養素は「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」に、年齢・性別でその推定必要量や目標量が設定されています。こうした栄養素は食事で摂取するのが一番ですが、毎日の食事ですべての栄養素をバランスよく摂るのは大変です。

ただ、1つの食材にはいろいろな栄養素が含まれていますので、なるべく多くの種類の食材を使用し、栄養価が高くおいしく安価な旬のもの、その土地で獲れるものを選ぶようにしましょう。
 私たちは四季の移り変わりを楽しみながら、地域の産物を味わう「日本型食生活」(農林水産省「食生活指針」より)をおすすめします。
 また、「食品表示法」では、新たに「機能性表示食品」制度が導入され、加工食品、サプリメントだけでなく、生鮮食品にも含有栄養素とその機能を表示できるようになります。

ちなみに…日常生活において少しでも気になることがある方は

簡単な検査をオススメします。
健康な方も血液検査を受けることにより、自分では気づかない体の異変が分かることがあります。
また、定期的に検査を受けると、自分の健康状態の管理や病気の早期発見、生活習慣病の予防に
役立てることができます。下記に少しでも当てはまる方は簡単にできる自宅血液検査を行ってみてください!

動脈硬化・心筋梗塞など
生活習慣病が気になるあなたに

検査お申し込みはこちら
監修

医師: 塚田 紀理
株式会社HMCエデュケーション 代表取締役社長