基礎知識  栄養 
2017.07.10

食材を理解して多品種をバランスよく摂取

一日に摂取すべき栄養素は「日本人の食事摂取基準(2015年度版)」に、年齢・性別でその推定必要量や目標量が設定されています。こうした栄養素は食事で摂取するのが一番ですが、毎日の食事ですべての栄養素をバランスよく摂るのは大変です。

ただ、1つの食材にはいろいろな栄養素が含まれていますので、なるべく多くの種類の食材を使用し、栄養価が高くおいしく安価な旬のもの、その土地で獲れるものを選ぶようにしましょう。
 私たちは四季の移り変わりを楽しみながら、地域の産物を味わう「日本型食生活」(農林水産省「食生活指針」より)をおすすめします。
 また、「食品表示法」では、新たに「機能性表示食品」制度が導入され、加工食品、サプリメントだけでなく、生鮮食品にも含有栄養素とその機能を表示できるようになります。

監修

医師: 塚田 紀理
株式会社HMCエデュケーション 代表取締役社長