コレステロール  基礎知識  血糖値 
2017.11.06

善玉コレステロールの増やし方を5つご紹介

健康の為には、HDLコレステロール(善玉)を増やすことが大切ですが、どのようにすればいいのでしょうか?ここでは、代表的な方法をご紹介します。

コレステロールの吸収を穏やかにしエネルギー代謝効率を上げる食品や栄養素を摂取する

これには、食生活を根本的に見直すことが第一です。手始めに、やりやすいことから始めましょう。まず、コレステロールの吸収を抑え、体の外に排泄できるようにしたいので、水溶性食物繊維を豊富に取りましょう。これは、昆布、ワカメ、オクラやモロヘイヤ等の、主にネバネバした食品に多く含まれています。また、ビタミンやリコピン、ポリフェノールといった、エネルギーを効率よく代謝できる栄養素も必要です。主に緑黄色野菜に含まれていますので、積極的に取っていきましょう。逆にアルコールは、飲みすぎると血中の中性脂肪が増えますので、要注意ですね。

 

運動を定期的にする

運動をすると、「リポたんぱくリパーゼ」という酵素が活性化します。これは体内での脂肪流れの調整をするので中性脂肪が減り、結果的にHDLコレステロールが増えていきやすくなります。また、脂肪自体がエネルギーに変わるので、肥満の改善になります。筋力をつけて代謝を上げるのも、エネルギー消費量が増えるのでおススメです。血流も良くなるので、血管が広がって血液が下がり、動脈硬化防止にもなります。

 

禁煙をする

喫煙はHDLコレステロールを減少させたり、血液を固まりやすくするホルモンが促進されるので、高血圧や動脈硬化の原因ともなってしまいます。

 

ストレスとうまく付き合う

ストレスを感じると、体内で様々なホルモン物質がたくさん作られたりして、コレステロール濃度や血糖値が高まります。さらに、ストレスを感じると、やけ食いなど食べ物に走る人が多いので、中性脂肪がたまりやすくなってしまうのです。軽く受け流したり、上手にストレス発散をするなどして、ストレスと上手に付き合っていきましょう。

 

腹八分目を心がけてバランスよく食事をとる

どんな食品にもかかわらず、摂取カロリーを抑えることはとても重要な事です。食事からカロリーを摂取して日々の活動するためのエネルギーを得ていますが、余ったエネルギーは中性脂肪として体内に溜め込まれてしまいます。そしてその中性脂肪はLDLコレステロールを増やして、HDLコレステロールを減らしてしまうと言われています。なので摂取カロリーを抑えることがHDLコレステロールを減らしてしまわないようにするには重要な事なのです。

 

最後に・・・

以上が、善玉コレステロールを増やすための5つの方法です。ただ、食べ過ぎややりすぎは良くないので、適切な範囲を心がけましょう。

ちなみに…日常生活において少しでも気になることがある方は

簡単な検査をオススメします。
健康な方も血液検査を受けることにより、自分では気づかない体の異変が分かることがあります。
また、定期的に検査を受けると、自分の健康状態の管理や病気の早期発見、生活習慣病の予防に
役立てることができます。下記に少しでも当てはまる方は簡単にできる自宅血液検査を行ってみてください!

動脈硬化・心筋梗塞など
生活習慣病が気になるあなたに

検査お申し込みはこちら
監修

医師: 塚田 紀理
株式会社HMCエデュケーション 代表取締役社長