ケア  コレステロール  中性脂肪  基礎知識 
2017.12.28

中性脂肪を下げる為に気をつけたい5つの事

「中年のビール腹は愛嬌」と安心していたのに、最近テレビや雑誌で中性脂肪を放置していると致命的な病気にかかる危険性があるという報道を耳にして焦っているという方もいらっしゃるかもしれません。

では、中性脂肪を下げる為にどんなことに気をつければ良いのでしょうか?

【中性脂肪を下げる5つの方法】

中性脂肪の多い食品を避ける

まずは今まで異常に中性脂肪を増やさない為に、食べるものに気をつける必要があります。きっとこれまで栄養のバランスなど気にせずに好きなものを好きなだけ食べてきた、という方も多いかもしれません。

脂や糖分が多いもの、また、炭水化物の取り過ぎを避けましょう。例えば、肉、揚げ物、魚の脂身、ベーコン、バター、チーズ、チョコレート、白米、パン、パスタなどです。

中性脂肪を下げる食品を食べる

そして中性脂肪を下げる食品を積極的に取り入れましょう。青魚に含まれているEPAは中性脂肪の吸収を緩和する働きがあります。また海草のネバネバのもととなっているアルギン酸は体の余分な脂質や糖質を排出する働きがあります。さらに納豆に含まれる納豆キナーゼは脂質異常でドロドロになった血液をサラサラにしてくれる働きがあります。

そのほかにも、オリーブオイルやエゴマオイル、黒酢、きのこ類、ナッツ類、たまねぎ、緑茶、大豆食品なども中性脂肪を下げる働きがありますから積極的に摂取するようにしましょう。

飲酒を控える

中性脂肪を増やしてしまう原因にアルコールの過剰な摂取が挙げられます。禁酒をするというのは人によってはかなり難しいことです。適度なアルコールはメリットもありますから、飲む量を控え、糖分やプリン体の少ないものを飲むようにしましょう。

またアルコールの取りすぎは肝臓の機能を低下させてしまう危険性もあります。肝臓の機能が低下すると脂肪酸の分解がされにくくなり更に中性脂肪を増やしてしまう原因になります。

適度な運動をする

中性脂肪を下げるために激しい運動をする必要はありません。ウォーキングやランニング、水泳などの有酸素運動が効果的です。軽い有酸素運動を毎日30分程度行うことを目標にしましょう。

サプリメントを取り入れる

なかなか忙しくて食べるものに気をつけたり、運動したりする時間が取れないという方は手軽に摂れるサプリメントを活用しましょう。人気があって、効果が高いと評判なのはDHAとEPAが配合されたサプリメントです。魚が苦手という方でも飲みやすいサプリメントです。

【中性脂肪を下げるにはまずは食事を見直そう!】

中性脂肪が高くなる原因は食事で取り入れるものが大きく関係しています。そのため中性脂肪を下げる為には、まず食生活を見直すことが大切です。肉よりも青魚を、スナック菓子よりもナッツ類、揚げ物よりも海草やサラダを食べるようにしましょう。禁酒までとはいかなくともアルコールの量を控えるようにしましょう。一日一日の努力で必ず中性脂肪は下がっていきます。

ちなみに…日常生活において少しでも気になることがある方は

簡単な検査をオススメします。
健康な方も血液検査を受けることにより、自分では気づかない体の異変が分かることがあります。
また、定期的に検査を受けると、自分の健康状態の管理や病気の早期発見、生活習慣病の予防に
役立てることができます。下記に少しでも当てはまる方は簡単にできる自宅血液検査を行ってみてください!

動脈硬化・心筋梗塞など
生活習慣病が気になるあなたに

検査お申し込みはこちら
監修

医師: 塚田 紀理
株式会社HMCエデュケーション 代表取締役社長